恥じ

  もしもわたしたちが彼を恥じと思うならば、彼が来られた時に、神はわたしたちのことを恥じに思われます。 聖書の、ルカによる福音書第9章26節に記されてあります。「わたしとわたしの言葉とを恥じる者に対しては、人の子もまた、自分の栄光と、父と聖なる御使との栄光のうちに現れて来るとき、その者を恥じるであろう」。

  わたしたちは、決して、福音を恥じるべきではありません。~それは力の源です。 聖書の、ローマ人への手紙第1章16節に記されてあります。「わたしは福音を恥としない。それは、ユダヤ人をはじめ、ギリシャ人にも、すべて信じる者に、救を得させる神の力である」。