関係

  わたしたちの他の人たちとの関係が、わたしたちの信仰を妥協させるべきではありません。 聖書の、コリント人への第二の手紙第6章14節に記されてあります。「不信者と、つり合わないくびきを共にするな。義と不義となんの係わりがあるか。光とやみとなんの交わりがあるか」。

  他の人たちとわたしたちの関係が、イエスをとおして、可能にされました。 聖書の、エペソ人への手紙第2章21-22節に記されてあります。「このキリストにあって、建物全体が組み合わされ、主にある聖なる宮に成長し、そしてあなたがたも、主にあって共に建てられて、霊なる神のすまいとなるのである」。

  わたしたちは、交際する人たちのようになります。 聖書の、箴言第13章20節に記されてあります。「知恵ある者とともに歩む者は知恵を得る。愚かな者の友となる者は害をうける」。