軽視

  神と神の言葉を軽視することが、すべてのいのちをひそかに害します。 聖書の、マタイによる福音書第7章26節に記されてあります。「また、わたしのこれらの言葉を聞いても行わない者を、砂の上に自分の家を建てた愚かな人に比べることができよう」。

  神の戒めを軽視することは神に不従順であることです。 聖書の、ヤコブの手紙第4章17節に記されてあります。「人が、なすべき善を知りながら行わなければ、それは彼にとって罪である」。