独身

  結婚と独身は両方とも、神からの賜物です。 聖書の、コリント人への第一の手紙第7章6-7節に記されてあります。「以上のことは、譲歩のつもりで言うのであって、命令するのではない。わたしとしては、みんなの者がわたし自身のようになってほしい。しかし、ひとりびとり神からそれぞれの賜物をいただいていて、ある人はこうしており、他の人はそうしている」。

  独身でいる良き理由は、時間を使い自由に神への奉仕が出来ます。 聖書の、コリント人への第一の手紙第7章29-31節に記されてあります。「兄弟たちよ。わたしの言うことを聞いてほしい。時は縮まっている。今からは妻のある者はないもののように、泣く者は泣かないもののように、喜ぶ者は喜ばないもののように、買う者は持たないもののように、世と交渉のある者は、それに深入りしないようにすべきである。なぜなら、この世の有様は過ぎ去るからである」。